スペイン語教室で語学力アップがかなう!

ヨーロッパでの学んだ語学がスペイン語教室で役に立った友人

友人に若い頃ヨーロッパを何ヵ国も旅して回っていた人がいます。
友人いわく、基本的には英語さえ喋れればたいていの国ではやっていけるそうですが、やはり現地の人と深く仲良くなるためにはオランダならオランダ語、イタリアならイタリア語といったように現地の言葉を話せた方が絶対に良いそうです。
たくさんの国々を回ったなかで一番のお気に入りの国を聞いてみたところ、一番気に入ったのはなんといってもスペインだったそうです。
わたしはある程度その答えを予想していました。
彼は学生時代サッカー部に所属しており、大学時代もサッカースタジアムでグッズ販売のアルバイトをやっていました。

そんな彼がサッカーがすきなスペインを気に入っていると答えるのは何となくわかりました。
スタジアムのグッズ販売のアルバイトで稼いだ金でヨーロッパを旅したかれは約三年ほどで日本に帰ってきました。
そして彼はその語学の経験をいかしてスペイン語教室で講師として働きはじめました。
彼はただスペイン語が話せるだけではなく旅をして色々な経験があるので授業での話題が豊富でたちまち人気講師になりました。
とりわけ彼のサッカーに関する知識は豊富でスペインのスタジアムで生のサッカーを見てきた彼は詳しい描写で生徒たちに語りました。
やはり何事も経験であり若いうちは様々なことにチャレンジすべきだと感じました。
ちなみに彼はイタリア語も話せるのでイタリア語教室の講師でもあります。
何事も経験なんだとしみじみ思います。